トヨタノアを最安値で購入するなら

ノアを限界まで値引く方法や、下取り車を高い値段で売却して最安値でノアを購入する裏技を公開!

これさえわかっていれば確実に、10万円以上お得になります。

どうすればいいの?

それはカンタン。

この3つの手順だけでイイんです。

確実に値引きを成功させる、3つの手順


➊愛車を査定に出して、下取り価格を知る

➡︎まずはコレ。絶対はずせないポイントです。

➋ノアの値引き相場を知る

➡︎値引き相場を営業マンに伝えるだけで、そこまで減額してくれます。※ノアの車両本体の値引き相場は20万円

➌実際にディーラーに行ってみる

➡︎初めの2つのポイントをディーラーに伝えることが出来ればOK。

たったコレだけ。

もちろん交渉のやり方などは後で詳しくご説明していきますが、

これだけで10万円は確実に安くなります(^ ^)

ディーラーより30万円もお得になることだって全然あります。

ただ、たまに相場を知らずにディーラーに行く方がいますが、そこだけは注意が必要。
限界まで安く買うには、下取り車の価値がわかっていないと危険です。

そうしないと、ディーラーの提示する査定額が適正なのか判断できません。つまり、損しても気が付かないということ。

逆を言えば、愛車の価値さえ知っておけば絶対に安く買えます ^ ^

一番高いところに売ればいいだけなので。

オンライン査定だと、すぐに下取り価格がわかって便利なのでおススメ。忘れずに相場をチェックしておきましょう。

▼   ▼   ▼

ノア,値引き

入力はカンタン。3分もあればバッチリデス。

それでは、この査定額をもとにディーラーと交渉していきましょう。

相場を知らずにディーラーに行くと・・・

値引き下取り車を持っているケースだと、その下取り車を少しでも高い値段で売却する事ができると、その分だけノアが安い価格で購入出来るということです。

ところが、ディーラーの査定だけであれば、初めはディーラー側から安めの査定額を提案されて、後になってから、

これ以上の値引きは難しいので、下取り車で調整します。

といったように持ちかけてくることがほとんどです。

そして、ジワジワと査定額を上げていって

お買い得感をアピールして、最後には「これで決めてください!となるでしょう。

これはお客さんのお値打ち感、満足度を満たすために必要な一種のセールステクニックです。

一見すると値引き額(下取り額)がスタート時より高くなったみたいに感じられますが、ディーラーの提示した査定額が正しいものであるのかどうか見極めることは非常に難しいです。

本当はもっともっと割高な査定額になるかもしれないのです。これが高級車や人気のある車であればあるほどその差は大きくなってきます。

中にはやりとりによって、高い査定額をいってくるケースがありますが非常にまれなケースです。
事前に下取り車を査定に出しておかないと、危ないところでした。

ノアはどのくらい安くなる?値引きの相場は?

値引きの相場はいくらなのか。

ノアの車両本体の値引き額の相場は、20万円。

本体値引き額とは別にしてオプションから20~30%の値引きは出来ます。

一つの例としてオプションを20万円分つければ、そこから4万~6万円値引きをめざします。
本体値引きの20万円とオプション値引き6万円を合わせて、総額で26万円の値引きを目指して交渉しましょう。

ただ、値引きの限界はこんなものではありません。

まだまだ安く買えます(^^)

下記のことをわかっていれば、ノアの実例値引き額以上の値引きが可能となります。

安く買える時期ってあるの?

はい、あります。

決算の時期になるとディーラーでもキャンペーンを行い、お客様を集めようとします。この時期になると特別な値引きも少なくありません。

値引き交渉に適しているのはこの時期です。

●1月、2月、3月 (決算期)

●6月、7月 (夏のボーナス商戦)

●8月、9月 (中間決算期)

●12月 (年末の大売り出し)

この中でも、一番チャンスがあるのは決算期の1月~3月と8月、9月。

当然ボーナス商戦もお得なキャンペーンなどをして、値引きを引き出しやすい時期になります。 この時期に新車のノアを買うなら、是非大幅にディスカウントして買いましょう!

車種とディーラーはひとつに絞らない

値引き値引き交渉では、乗りたい車が決まっていても何車種かを目星をつけておいて、価格を競わせることが鉄則です。

「ノアに乗るか決まっていない。まだ何に乗るかまだ迷っている。」

ノアに乗ると決めていても、交渉の段階では伏せておきます。

そして、まだお宅で買うかわからないよ。という状況で契約直前まで駆け引きした方が、値引きしやすくなります。

ライバル会社と迷っていることがわかると、値引き額も上がることが多くなります。
乗りたい車とライバル車を競わせるのは、値引きするうえで効果的な交渉手段だといえます。

いくつものディーラーと話をする事によって、「値引きしてでも買ってもらいたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業マンの方に会える可能性が大きくなります。

交渉の流れ

✅いくつかの店舗を回り、対応の良いディーラーを見つける

まずは、営業マンの出方をみる。
初回では本命の車種を伝えず予算も伝えない。

『ココで買ったらいくらぐらいになりますか?』とだけ確認し、提示された金額を覚えておく。

まずは、話してみて感触の良い、この人なら頑張ってくれそうだなというディーラーを探しておきましょう。

✅他の店が提示した金額をもとに交渉

2、3店舗のディーラーに目星のつけ、そのうちの1つに行き値引き交渉。

ひとまず、この時点で値引き額の限界を聞き、『他の店は○○円と言ってくれたよ?』と交渉する。
このやり取りで良い条件がでれば、それをまた別のディーラーで交渉。

●まだノアを買うか決めていない。

●ここのディーラーで買うか悩んでいる。

そういったお客さんには、営業マンも必死になってきます。
向こうも営業成績を上げたいので、値引きはどんどん増えていきます。

✅最終段階、ハンコを武器に値引き!

交渉もいよいよ大詰め。
値引きが煮詰まってきた時の最終手段。

『 ○○円にしてくれたら、すぐにサインします!』

これはかなり効きます。

他にも、

『ナビをつけて!』とか『端数ヤダ!払いたくない!』

とか、言ってみましょう。

ハンコを目の前にすると、いつもより交渉しやすくなっているはずです(^^)

交渉の最終手段として取っておきましょう。

※支払いは現金払いよりも、ローンを組んだほうが値引きが多くなります。(ローンを組むとディーラーに手数料が入るため)

ノアを値引きするうえで一番大事なコト

値引きこれまで、ご説明した内容通りに進めていけば、少なからず他の人よりは安い値段でノアを買うことが出来るでしょう。

しかし、本体価格とオプションでの値引きには限界があります。最後に値引きで得する人は下取り車の価格をあげる人です。

最後の決め手は、下取り車を高く売ることです。

これが出来なければ、確実に損してしまいます。

下取り車の車種や年式などにもよりますが、ディーラーの査定額よりも42万円も高く買い取ってもらったという人もいます。

■この車を30万円で買い取ってくれるの?

■無料で引き取ってくれるだけでありがたい

■2~3万円ぐらいつけばいい

それは間違いです。

本当はもっと価値があるんです!

どんな車でも査定に出してみて下さい。
走行距離が10万キロを超えている車や、10年以上乗っていて壊れかけの車でも、確実に予想以上の価値があります。
思わぬ高額な値段がつくことも珍しくありません。

私の知っている中で一番査定額が高いのは、オンラインの無料一括査定です。
『 ズバット車買取比較 』なら一度にいくつもの買取店へ査定を依頼可能です。オークションのような状態になるので、思い掛けない高額な値段がつくケースもあります。

もちろん査定したからといって、売らなければいけないなんてこともありません。
もしも、ディーラーの方が高ければディーラーに売っても大丈夫です。

最寄りの中古車屋さんに持っていくよりも、間違いなく高額で査定してくれるのでチェックしておきましょう。

【 買取例はコチラ 】

値引き
ノア,値引き
車は人生の中でも大きな買い物。買い替えは慎重に。ご利用は計画的に。ほかの人よりお得に購入しましょう(^^)

以上がノアを限界まで安く買うための進め方です。 相場の事前調査もせずにディーラーにしたがって、下取りも安い段階で購入してしまうと、簡単に数十万円も高くノアを購入してしまう事になるんです。

もしも買取業者の査定がディーラー査定よりも安い金額だったとしても、それはそれで良かったとすっきりと愛車を手放せますね。

・愛車はあくまでディーラーに下取りに出す事にしておいて、最終的に買取店に査定してもらい高値のところに売る
・もしディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功です。

 

◼︎ノア総合評価

室内の広さを生かして居住性や実用性も高い水準の評価を獲得。経済性に優れている点も、家族向けとしては理想的。間違いなくオススメの一台です!

ノアの維持費はどれくらい?何にいくらぐらいかかるの?

家族で旅行やドライブなどのお出かけをするために、ワンボックスカーの購入を考えている方もおられることでしょう。そこで、トヨタ「ノア」の維持費について考えます。

ノアにはハイブリッド車とガソリン車がありますので、それぞれの年間維持費について考えてみましょう。

ハイブリット車の維持費

総排気量1797ccのもので考えます。

自動車税に39800円、重量税に10000円、自賠責保険に13920円とかかります。

ガソリン代は年間1万キロ、1リットル150円で計算すると、63000円になります。新車で買うとエコカー減税は100パーセントです。

ガソリン車の維持費

次に、ガソリン車です。総排気量1986ccのもので考えます。

自動車税に39500円、重量税に10000円、自賠責保険に13920円、とかかります。

ガソリン代は年間1万キロ、1リットル150円で計算すると、93750円になります。新車で買うとエコカー減税は25パーセントです。

上記のような、税金や重量税、自賠責保険は節約することができません。ですから、ガソリン代を少しでも安くできるスタンドに行ったり、自動車保険を安くすることが大切です。

そこで、自動車保険について考えます。補償内容、年齢、等級、車種などで変わってきます。また、保険会社が提案してくる見積もり例よりも安くなる場合もありますので、自分に合った正確な見積もりを保険会社に連絡して出してもらうようにすることが重要です。

インターネットでは無料で何件かの無料見積もりが取れますし、勧誘や訪問がないので面倒がありません。ロードサービス、レッカーサービス、事故証明取得サービス、ゴールド免許割引など自分に合ったプランを考えて見積もりしてもらいましょう。

新車で購入の場合、事故に合ったときのダメージを考えて、車両保険をつけることをお勧めします。車両保険付きで運転者年齢条件35歳以上の保険料は約39000円です。運転者年齢条件は、年齢が高くなるにつれて保険料が安くなります。自分の年齢を確認して、切り替えを忘れないようにしましょう。

 

ハリアーについてはハリアー相場をご確認下さい。

アルファードの値引き情報はコチラ

ノア値引きはこちら

ノアの燃費って良いのor悪いの?実燃費を検証した結果を報告!

最近の車業界においては海外の大手自動車メーカーが燃費の不正を発表したことにより非常に多くのメディアがこぞって取り上げました。

このため、より多くの自動車メーカーが国土交通省向けて説明責任を果たさないといけなくなるような事態にまで発展するなど、非常にたくさんの人たちが影響を受けることになりました。ここで、あまり日本では影響がないであろうと思われていたさなかに、安心していたところに日本の大手自動車メーカーにおいても燃費の不正問題が発覚したことにより、海外だけの感心ごとから日本国内の問題にまで発展してくる大問題になってきました。

ここで、日本の産業においては確実性を重視し不正はできるだけ行わないようにと心がけてきたのですが、実際には大きな問題が発覚したことにより、問題を起こした自動車メーカーだけでなく、その他の自動車メーカーに関しても非常に大きな問題へと発展していくことになりました。このため、より多くの人たちにとっては、こういった自動車メーカーの今後の動向に注目が集まっています。ここで、人気車種でもありますノアに関しても同様の現象があらわれてきており、一般のユーザーにとっては公表されています燃費が実際に道路で走った時にどこまで正確なのか、実燃費との差をしっかりと検証しておく必要があります。

ノアに関してはメーカーからの発表の通りカタログスペックに対してはそれほど大きな差がないため、安心して乗る続けることができる点と、比較的設計に関しても慎重に取り組んでいたため、今回の不正問題に関しては非常に大きなダメージにはならずに、信頼性も保つことができています。

また、自動車にのせる荷物に関してもできるだけ軽くすることでより多くの距離を走ることが可能となってきます。さらには、アイドリング時のエンジンの負担を減らしていくことで、アイドリング時のガソリンの消費を極力減らしていくことができるように設計されています。

 

エスクァイア情報はコチラをご覧下さい。

VOLVOフリークはこれで決まり!ボルボ値引きアップ

ハイエース値引き相場も忘れずにチェック!

ノア値引きはこちら

ノアを買うならハイブリッドorガソリン?それぞれのメリットは?

ミドルクラスミニバンは今やどのメーカーも開発に力を入れており、競争が激しいカテゴリーです。その背景は5ナンバーサイズによる手頃なボディサイズ、そして両側スライドドアを採用する事でお子さんの乗り降りもしやすく、特に小さいお子さんがいる世代に人気となっているのが人気が高い理由です。

また、お子さんの送り迎えや近場での買い物、はたまた多人数乗車での移動や大きな物を買った際の運搬など、このミドルクラスミニバン1台で様々なシーンにおいて活躍できるのもこのクラスならではの特色です。その中でも、トヨタのミドルクラスミニバンの主力車種であるノアは特に人気が高い車種です。

ノアはガソリン車とハイブリッド車の2種類のラインナップがあり、このクラス唯一の本格的なハイブリッドシステムを搭載しているのも特徴の一つです。

ガソリン車とハイブリッド車にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

まず、ガソリン車は高価なハイブリッドシステムを搭載していないので車両価格が安く初期投資を抑える事が出来るのが特徴です。そして、ハイブリッドという複雑な機構を搭載していないので、経年劣化によるトラブルの発生もないという点もメリットです。

デメリットはミドルクラスミニバンは車重が重く、燃費性能は悪くなります。その為、長期間乗った際のガソリン代はかかり年間の維持費は高くなりがちです。また、常にエンジンが回転している為、静粛性も劣るのがデメリットとなります。

次にハイブリッド車のメリットはハイブリッドシステムによる燃費性能の高さが特徴です。特に子供の送り迎えなど、市街地走行が多い場合はより恩恵を授かる事が出来、年間維持費に大きく貢献します。そして、エンジンが停止している事も多い為、静粛性の高さも特徴です。

デメリットはガソリン車と比べて車両価格が高い事、そして、経年劣化による特有のトラブル発生の可能性があるという点です。総じて、初期投資を抑えるのならガソリン車、年間の維持費を抑えたいならハイブリッド車という観点で選択するのがお勧めの方法です。

 

スイフト最新情報はこちら
スイフト限界価格

ステップワゴンの相場は?
ステップワゴンの最安値情報

ヴォクシー値引き情報
ヴォクシーの交渉方法

ノア値引きはこちら

ノアの内装はイイ感じ?乗っている人の評価や口コミ情報は?

トヨタのミドルクラスミニバンにおいて主力車種であるノアはとても人気が高い車種です。

人気の理由は5ナンバーサイズにおける運転のしやすさに取り回しの良さ、両側スライドドアを採用したことによる広い開口部に地上高の低さによる利便性の高さ、燃費性能に優れたハイブリッド車の設定や、エアロパーツをまとったスポーティグレードや特別仕様車の設定など多彩なグレード体系が評価を得ており、人気となっています。

加えて、小さいお子さんがいるご家族をメインターゲットとしている事もあり、内装の使い勝手も良いのがポイントです。具体的にはまずトランク下の床下収納の採用による、大容量のスペースです。バッグや小物類などを床下に収納し床上にも荷物が置けるので、例えば小さいお子さんがいる場合はオムツなどを床下にて入れる事が出来るので高評価です。

また、運転席、助手席には大きめのドアポケットがありドリンクホルダーと旅行雑誌など置けるスペースとなっています。また、2列目のスライドドアも同様に大きめのドアポケットを採用しドリンクホルダーと小物入れがあり充実した収納力となっています。

さらに、運転席もしくは助手席のシートバックにポケットと買い物フックがついているので、お買い物をした際の買い物袋を下げる事が出来るので便利です。また、助手席側のダッシュボードには大型のオープントレイにグローブボックスにアッパーボックスと多彩な収納ボックスは様々なものを収納できるので収納力も良いのが好印象です。

このように子育て世代をメインターゲットにしているからこそ、収納スペースはしっかりと確保されているので使い勝手に優れています。

また、内装色も選択する事が出来、室内空間を明るい印象にするアイボリー色や、スポーティーなブラック色の2種類を採用しているのも特徴的です。特にアイボリーは明るい印象で室内空間も広く感じやすいのでお勧めの内装色です。

総じて、ノアは多彩な収納スペースによる利便性の高さ、また、地上高の低さによる使い勝手が良く、内装色も明るい色の設定があるので室内空間がより広く感じるのもお勧めのポイントです。

 

セレナの限界価格は?
セレナ新車の最安値は?

エクストレイル新車情報
エクストレイルを安く買う方法

フィット値引きはコチラ
フィットの目標額はいくら?

ノア値引きはこちら